タイ王国チェンマイの現地情報

チェンマイ観光名所

  • HOME »
  • チェンマイ観光名所

ワット・プラタート・ドイ・ステープ(Wat Phra That Doi Suthep)

標高1080mのステープ山頂に建つこの寺院は、チェンマイを代表する名所です。1383年に当時のクーナ王によって建立され、特に高さ22mの金色に輝く仏塔は、緻密な装飾の美しさが実に見事。中には仏舎利(イム陀の遺骨)が納められ、今も人々の篤い信仰を集めています。

8時から18時まで(ケイブルカーは5時半から19時半まで運行)
アクセス
チェンマイ市内中心部から車で約40分
利用料金
ケーブルカー運行+拝観料込みで50バーツ、料金:30バーツ

ワット・チェディルアン(Wat Chedi Luang)

1391年、メンラーイ王朝第7代セーンムアンマー王(1383~1402年)が亡くなった父を偲んで建立したと伝えられる、チェンマイで最も大きな(ルアン)仏塔(チェディ)のある寺院。仏塔は、創建当時で高さ約80メートル、四角いかたちをした基壇の一辺も約60メートルと巨大なもの。当時の王は仏教の宇宙観に従って、都の真ん中に須弥山(しゅみせん)に擬えた大きな仏塔を置き、それを囲うように8つの方向にもひとつずつ寺院を建立すると、王朝の繁栄がもたらされると信じていたとか。現在の仏塔は1545年の大地震で先が壊れ、後に文化庁が現在のかたちに修復しました。入り口付近に建つ本堂は、ランナー様式の仏像が数多く祀られています。境内には、他にもさまざまな建物があります。

8時から17時
アクセス
市内からソンテウで数分
利用料金
20B

ワット・プラシン(Wat Phra Singh)

チェンマイ市内で最も大きい寺院。ランナー王朝第5代パユ王(1336~1355年)によって建立され、リーチェンプラ寺院と呼ばれていましたが、後に第7代王のセーンムアンマーがチェンライからプラシン仏像を迎え入れてからは、プラシン寺院として市民の間で親しまれるようになりました。幅31インチ、高さ51インチのこの仏像は現在、奥にある「ウィハーン・ラーイカム」というこぢんまりとした礼拝堂内に祀られています。お堂の壁には色とりどりの壁画が施され、見どころのひとつとなっています。

アクセス
市内からソンテウで数分
利用料金
無料

ワット・ドイカム(WAT PHRATHAT DOI KHAM)

チェンマイ市街から、ハンドン・メーホンソン方面に向かう国道108号線を南に約7km、ナイトサファリへ向かう三叉路を右折し、ワット・ドイカムの看板を目印に小高い丘を上がって行くと、1300年以上前に建てられた地元ローカル一番人気と言われるお寺『ワット・プラタート・ドイカム』。お寺の入り口には高さ19メートルの大仏様が鎮座し、境内を抜けるとそこはチェンマイ南部が見渡せるビューポイントがある。麓まで続いている長い階段は実は正面入り口だが、今は裏から車で登ることが可能。チェンマイ市民が、自分や家族の夢や成功を願掛けをするお寺。

ワット・ウーモン(Wat Umon)

まるで森に迷い込んだような木々が生い茂るところにあるお寺。瞑想寺としても有名で、人々が白い服を着て瞑想をしている姿も見られる。このお寺はチェンマイに都をつくったマンラーイ王によって建てられ、ラーンナー王朝第6代グーナー王(1355-1385)の時代にはマハーテーラジャン高僧の修行場としてトンネル(ウモーン)が作られた。寺院は山中にトンネル(ウーモン)を掘った洞窟寺院で、幾つかの通路が穿たれ、その末端や諸処に仏龕があり、そこに仏陀坐像が安置されている。洞窟の左上には古色の仏塔が建っている。この寺院は、外国人の修行も受入れており、毎週月曜日には英語の瞑想説法会が開かれている。

ドイ・インタノン国立公園(Doi Inthanon National Park)

チェンマイ市内から車で約1時間30分のドイ・インタノンはタイで一番高い山となります。タイ有数のメーヤ滝をはじめ、多くの滝が点在しますドイ・インタノンは、海抜2,565メートル。ヒマラヤ山脈から続く山並みのはずれにある、タイで一番高い山です。山頂は、ジョムトン郡、サンパトーン郡、メーチェム郡にまたがっています。山頂まで立派な車道が建設されており、誰でも簡単なにタイ最高地点に立つことが出来ます。途中には大きな滝がいくつかあり、国立公園でありながらも人々の住む村もあり、キャンプ施設などもあります。山頂付近には、前国王と王妃のための大きな二つの仏塔が建てられています。山頂付近は年中涼しく、湿度が高い気候です。年間の最高気温は22℃、最低気温は?8℃、平均気温は12℃ほどです。植生も珍しいものがあり、この一帯は国立公園として保護されています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGETOP
Copyright © タイ現地情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.